春夏のレディースカジュアルコーデ

MENU

春夏のレディースカジュアルコーデを、可愛くオシャレにするには?

 

同性の女子から「あの人は、オシャレだな」と思われたり、男子から「可愛い」と思われたり…。

 

同性にも、異性にもモテる春夏のカジュアルコーデが出来ている人って、すごく難しい着こなしをしているわけではなくて、実は、ちょっとしたプラスアルファが上手いだけなんですよね。

 

簡単なテクニックだけでも覚えておくと、いつものレディースカジュアルコーデを、可愛くオシャレに変えることが出来るので、その着こなしのコツをまとめてみました。

 

プラスワンアイテムで作るカジュアルモテスタイル

 

イレヘムスカートにスエットをプラス

 

イレヘムスカートにスエットを合わせる春夏コーデ

 

フェミニンなスカートは、ちょっとスポーティなスウエットを合わせて、カジュアルダウン。

 

今年トレンドの、揺れ感のあるイレギュラーヘムスカートに、前身頃がくしゅっとしたデザインのおしゃれなスエットトップスを合わせます。

 

さらにシルバーのフラット靴で、ゆるさと抜け感を出すのがおすすめ。


 

甘めブラウスとデザインデニムの甘辛コーデ

 

白ブラウスにデザインデニムを合わせる甘辛コーデ

 

男子ウケも女子ウケもする、オフホワイトの甘ブラウスとデニムの定番甘辛コーデ。

 

ボトムスを、濃淡切り替えのデザインデニムにするだけで、今どきな表情にカジュアルダウン出来ます。


 

プチプラアイテムを1点投入で印象を変える

 

カジュアル派におすすめ マリンキャップ

 

カジュアルコーデにピッタリのマリンキャップ

 

ボーダートップスとデニムの春夏コーデには、マリンキャップをプラス。

 

重くなりすぎない素材や色で、コーディネートに軽さを出します。

 

ネイビーベースか、白ベースで主張しすぎないのがポイント。


 

フェミニン派には薄ブルゾン

 

フェミニンな春夏コーデに使える薄い素材のブルゾン

 

白のレーストップスに、淡ピンクのフレアスカートを合わせたら、カーキのコンパクトな薄い素材のブルゾンでカジュアル感をミックスしましょう。

 

フェミニンとカジュアルのテイストミックスで、新鮮な印象になります。


 

夏ファッションのデニムを今年っぽいデザインに

 

ラフなこなれ感の裾カットオフ

 

裾カットオフデニム

 

シンプルなスキニーデニムも、ランダムな切りっぱなしの裾だとグッと垢抜けた雰囲気。

 

白トップスとカットオフのスキニーに、花柄ガウンを羽織るだけで、大人のボヘミアンコーデを演出することが出来ます。


 

体型カバーのタック入りワイド

 

タック入りデニムワイドパンツ

 

ウォッシュ加工のタック入りワイドデニムは、こなれ感があるうえに、体のラインも拾わないので、必然的にスタイルアップします。

 

ボトムスにボリュームがある時には、トップスはリブニットなど、コンパクトなアイテムでバランスをとります。


 

オシャレで可愛い色の使い方

 

白シャツ×濃色デニム×赤小物

 

白シャツに濃色デニムをはいて赤い小物を合わせるコーディネート

 

トレンドのスキッパー白シャツに、濃色のスキニーデニムを合わせて、赤のコンパクトなチェーンバッグで、大人の雰囲気をプラス。

 

カジュアルに赤を楽しみたい時には、カゴバッグに赤のスカーフを巻きつけてアクセントにします。


 

白Tシャツ×薄色デニム×ピンク小物

 

白Tシャツに薄色デニムをはいて、ピンクの小物を合わせるコーディネート

 

シンプルな白Tに、淡色のカットオフデニム、足もとにトレンドカラーのピンクをイン。

 

ベーシックなウエッジサンダルも、流行色のピンクなら、シンプルカジュアルが、格上げされたような感じになります。

 

ラフに見えがちな夏のデニムコーデには、かっちり系のバッグできれいめにシフト。

 

甘いピンクのバッグなら、辛口になりすぎず可愛さを引き立てます。


 

淡ブルートップス×白フレアスカート×ネイビー小物

 

淡いブルーのシャツに白のリボン付きフレアスカートを合わせて、足元は白サンダル、さらに、頭には、ネイビーのキャスケットをかぶります。

 

ネイビーを一番上に持ってくると、きれいなグラデ風トーンができ、統一感のある好印象な服装になります。

 

帽子の代わりに、小ぶりでクラシカルなネイビーバッグや、ショルダーバッグ、スニーカーで、ネイビーを取り入れても、甘めスタイルを上品にカジュアルファッションにすることが出来ます。